伴走型小規模事業者支援推進事業 支援ツール

経営支援基幹システム

人を元気に。企業を元気に。地域を元気に。

BIZミルは株式会社エイチ・エーエルが創業以来「人を元気に。企業を元気に。地域を元気に。」を経営理念に掲げ活動をおこなってきた経営資源を集約したシステムです。

BIZミルとは   
BIZミルの機能   
帳票サンプル   


BIZミルとは?

株式会社エイチ・エーエルが持つコンサルティングで培ったノウハウと、株式会社セールスフォース・ドットコムが保有する世界最大のクラウドCRM(顧客管理)システムを活用し、融合させることにより実現できたシステムです。
「経営発達支援計画」に基づく伴走型小規模事業者支援推進事業を進めるにあたり、基本指針4項目6事業の実施支援をすることを目指したソフトウェアです。

BIZミルで出来ること

 経営支援基幹システム(BIZミル)は『経済・需要動向調査』『経営状況の分析』『事業計画策定支援』のみならず、経営発達支援事業の円滑な実施に向けた『組織内での支援能力向上』および『支援ノウハウを組織内で共有する体制の構築』にも寄与しているシステムになります。
 また株式会社エイチ・エーエルが創業以来「人を元気に。企業を元気に。地域を元気に。」を経営理念に掲げて活動を続けてきたことにより培った経営資源を集約したシステムです。特に地域経済の活力の源泉である小規模事業者の持続的な発展を支援するために、経営支援機関が活用するシステムになっております。
 本システムをご活用いただき、地域企業と従業員の皆様、並びに地域経済の活性化に繋げて頂けましたら幸いです。

BIZミル機能のご紹介

事業計画策定支援

BIZミルでは事業者へ段階的にヒアリングを行っていただく事で、将来ビジョン~分析~事業計画策定までをご支援いたします。
作成が困難な事業計画書も質問に沿って進めていただければどなたでも作成ができます。
  ☆簡易分析(初回ヒアリング)
      ▼
  ☆経営状況の分析
      ▼
  ☆事業計画書の出力

事業計画策定支援
定性的データの収集

BIZミルの経営支援機能には、事業者から経営支援ニーズを引き出すための質問集があるため、支援経験の浅い方からベテランの方まで幅広くご活用いただけます。質問集を活用してヒアリングした内容をBIZミルに入力していくことで、経営分析(SWOT分析)から事業計画策定の支援へ繋げていくための「質問力」「ヒアリング力」の資質向上も図れます。

支援活動のデータ蓄積

経営支援活動の内容をデータとして蓄積する為、組織内で職員および事業者ごとに支援活動の現状把握、情報共有ができます。一つの支援テーマに対し活動履歴を紐づけていくので、誰がどのような支援を行ったか確認いただけます。

支援ノウハウ等の情報交換・経営指導員等の支援能力向上等

調査情報を常に蓄積・グラフ化することにより、一時的な成果物にならず継続的な分析結果をアウトプットすることが可能であり、最新の経営支援状況を組織内で常に共有、また各関係機関へ報告することができます。したがって、各事業者が潜在的な顧客に向けた商品の販売方法、ビジネスモデルの再構築を立案する際、経営支援機関として今後の支援策を検討しやすくなります。

経済動向調査・需要動向調査

BIZミルはアンケート集計結果をグラフで表示するだけでなく、個々の事業者の回答内容まで確認することができます。しかも、クラウドシステムにより、常に最新の情報を共有化できますので、回収したアンケート用紙を改めて見返す必要はありません。したがって、今後、戦略的に支援が必要とされる事業者を即時にピックアップすることが可能で、巡回訪問前などにパソコン、タブレット等を用いて、その場でアンケート結果を確認することができるので、事業者とのコミュニケーションに活かすことができます。

オプション機能

・クラウド創業計画策定支援機能
・セミナー管理機能
・個別指導業務集計表出力機能
※詳しくはエイチ・エーエルまでお問い合わせください。

各種画面/帳票サンプル

画面、帳票はバージョンアップのため変わることがあります。
事業計画書
事業計画書

経営状況分析機能で作成したデータ(現状把握)を引継ぎ、事業者から事業計画作成に必要な質問をヒアリングすることにより、事業者が考える将来の事業イメージを事業計画書として提供することができます。また、経営革新計画の『付加価値額』『経常利益』の伸び率を基準として、事業発展に向けた数値計画を作成算出することができます。BIZミルの事業計画書は、ビジョンから計画実行までを1枚のシートで簡潔に表現されているため、事業者が、事業計画の策定を契機に、自身の夢や想いを形にできるとともに、事業者のビジョン達成に向けて新たな需要の開拓に向けた取り組みの課題が明確になり、経営支援機関が支援し易い仕様となっております。

経営状況分析表(詳細版)
経営状況分析表(詳細版)

事業計画策定に向けた支援を行う事業者に対しては、定性面ならびに定量面双方からの分析が可能です。財務分析データだけでなく、自社の現状、目標、課題が分かりやすく把握できる「経営状況分析表(詳細版)」を事業者に提供することができます。
更に、組織内で統一したフォーマットによる経営分析をすることにより、経営支援の標準化や共有化が図れると共に、クラウドを活用することにより事業計画策定に向けた支援の進捗の『見える化』が可能です

財務状況分析表
財務状況分析表

事業者の決算データを入力することにより、一期分ごとの財務分析シートの出力が可能です。
※決算データにつきましては、マル経融資(小規模事業者経営改善資金)の申請項目に準じております。

ローカルベンチマーク
ローカルベンチマーク

経済産業省から提供されている経営診断ツールのローカルベンチマークを出力することができます。

経営状況分析表(簡易版)
経営状況分析表(簡易分析)

窓口相談や巡回訪問の際に、事業者が簡易的な定型質問(景況感、経営課題など)に回答するだけで、「経営状況分析表(簡易版)」を提供することができます。本機能により、事業者へのアンケート調査と簡易経営状況分析を同時におこなうことが可能となります。更に、ヒアリングした情報を蓄積して一元管理ができるため、組織内で情報共有することができます。

経営状況分析
経営状況の分析メニュー(画面)

事業所毎の分析が行なえます。
テーマ別で設問を用意しています。SWOT各質問は10シートあり、データが蓄積されていきます。

SWOT分析については1つの質問を深堀することによって真意が見えてきます。

経営支援画面 活動履歴
事業所→支援活動→活動履歴

支援活動は何年度の何次補正予算なのかまで詳細に選択することができます。
支援毎・活動毎に担当者入力することで、いつ・だれが・どんな支援を行ったかが段階的に「見える化」されます。

活動実績
活動実績の見える化

事業所データに支援実績を入力すると活動実績に反映。組織全体の現状が「見える化」され、職員全員が同じ目標に向かって日々の仕事に取り組めます。

アンケート結果
経済動向調査・需要動向調査

アンケートの結果をインポートし、グラフで見やすく表示します。
アンケート完了後に直接ヒアリングを行った結果も随時追加されます。

株式会社エイチ・エーエル

私たちは3つの元気を、人型コンサルティングを通してお届け致します。

人間の活性化……人間を元気に。 企業の活性化……企業を元気に。 地域の活性化……地域を元気に。

会社概要

会社名 株式会社エイチ・エーエル
代表者氏名 水野隆行
事務所住所 〒330-0854
埼玉県 さいたま市大宮区桜木町4-242 鐘塚ビル5階
電話番号 048-782-5570
FAX番号 048-782-5575
設立 平成14年12月24日
資本金 1,000万円
社員 12名
外部提携コンサルタント 約150名
(中小企業診断士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、弁護士など多数)

株式会社エイチ・エーエルのホームページへ
  • 有限会社NPウォンツ
  • スパークジャパン株式会社

お問い合わせ

BIZミルその他のサービスについてお気軽にお問い合わせください。